高齢出産はリスク管理が大変?

高齢出産と聞くとどんなイメージを抱きますか?

色々なイメージがあるでしょうが、中でも一番多いのは「リスクが大きい」というネガティブなイメージではないでしょうか。

実際に20代での出産と40代での出産では母親の身体には勿論、赤ちゃんの身体に与える。

リスクの大きさが大きく変わってきます。

出産というのは歳を重ねれば重ねるほど危ないので、できる限り高齢出産は避けるのが賢いと言われているのです。

しかし、デメリットしかないと思われていた高齢出産にもメリットがあるということが最近になって分かりました。

高齢出産をすることによるメリット。

それは劇的なアンチエイジングです。

実は高齢出産を経験した女性ほど若々しい身体のまま長生きするのです。

なぜ高齢出産だと長生きするのか

高齢出産と長生きにはどんな関係があるのでしょうか。

元々、高齢出産に耐えられる体というのは老化が遅いスローエイジング体質であることが多いです。

スローエイジング体質いうことは肌や髪の毛、それ以外の部分の老いのスピードが遅いということです。

そして、出産をするということは女性ホルモンの分泌量を変えるので体が刺激を受け若返らせることもあります。

出産をすると老け込むといいますが、それは全ての人に当てはまる訳ではないのです。

さらに、高齢での出産は自身の喜びと自信に繋がるので精神的なアンチエイジングにもなります。

歳を重ねてから出産をすると「自分はまだまだ女として現役なんだ!」という気持ちが強く芽生えやすいのです。

そしてこの自覚は精神的なアンチエイジングに繋がるのです。

高齢出産は確かに肉体的な面で見たらデメリットがあるかもしれませんが、美容や精神的なことで見ればメリットの方が大きいので高齢だからと出産を諦める必要は全くないのです。