妊娠~出産~育児はバストケア必須な時期

「妊娠すると胸が大きくなり、出産をして授乳をしているときが胸の大きさのピーク。

けど、断乳すると一気に胸がしぼんで垂れるようになってきた……」

こんな胸の悩みを抱えている女性は大勢います。

産後に胸がしぼんだり垂れてしまったという話は珍しくなく、せっかく授乳のために胸が大きくなったのにそのサイズをキープどころか妊娠するまでよりもバストサイズが小さくなってしまったことに頭を悩ませている女性は案外多いのです。

この産後のバストサイズの低下ですが、よく勘違いされているのが「母乳による育児をしたため胸が小さくなった」というものです。

実はこの産後に胸の大きさが小さくなってしまうことと母乳育児をしたからというのはあまり関係ありません。

つまり、ミルクで子育てをしても妊娠中に大きくなった胸はどんどん垂れてしぼんでいくということです。

では、なんで産後の胸は垂れてしまうのでしょうか。

そして、この垂れた胸はもう二度と元に戻ることはないのでしょうか。

産後のバストケアはこうしよう

なぜ産後の胸はしぼんだり垂れてしまうのでしょうか。

それは妊娠して胸が急に大きくなったからです。

妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増え、それにつられるようにして胸はどんどん大きくなります。

しかし、出産すると女性ホルモンの分泌は安定し胸の成長も止まります。

この妊娠したことで大きくなった胸の大きさに胸を支える靭帯が耐えられずに伸びてしまうことが胸がしぼんだり垂れる原因です。

なぜ産後まではこの大きくなった胸の大きさをキープできているのかと言うと妊娠中は乳腺が活発化しているからです。

では、この産後の胸のサイズダウンを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。

答えは簡単。

妊娠中の胸が大きくなっている時にしっかりとバストケアをすることで靭帯が伸びることなく産後の胸をキープすることができるのです。

妊娠中のバストケアはバストアップマッサージがおすすめです。

胸が張って痛いでしょうがしっかりとマッサージすることで垂れないししぼまない胸を手に入れることができます。