産後に老けるのは本当なのか

産後の女性を悩ませるのは抜け毛や体重だけではありません。

むしろ、抜け毛や体重の増加があるからこそ加速してしまう悩みがあります。

その悩みとは「老い」

産後の女性は一般的に老けてしまいがちと言われているのです。

妊娠を機にしばらく会っていなかった友人が出産をしたと聞いたので会いに行ったところ以前よりかなり老けて見えた、という経験をしたことはありませんか?

恐らく多くの人が経験をしているはずです。

出産を経験した女性はどうしても以前より老けて見られがちです。

これはなぜなのでしょうか。

出産をすると老けて見られる理由。

それは「出産したから」という理由以外にはありません。

妊娠すると女性の身体はそれまで以上に多くの栄養を摂取します。

これはすべて赤ちゃんのためです。

そうして育った赤ちゃんを産むということは、体の中に蓄えた多くの栄養を一気に失うということ。

また、出産自体が体力を大きく使わないとできないようなことであること。

この2つの要素があることから出産するということはそれまでの自分を形作っていた活力や体力というものを一気に失うということなのです。

つまり、出産すること自体が見た目の老いを早める行為なのです。

では、産後の老いを回避することはできないのでしょうか。

産後の老いを改善しよう

出産すること自体が老いを早めると書きましたが、出産の経験者が全員老いているという訳ではありません。

あくまで老いた風に見える人の数が多いだけです。

老いる人と老いない人、この違いは何でしょうか。

それは自分のために何かしているかどうかの差です。

子供を産んだからといってお洒落をしてはいけない訳ではありませんし、美容の手を抜いて良い訳ではありません。

育児をしつつ自分をしっかり磨こうとする前向きな気持ち。

その気持ちこそ産後の老いの改善に何より必要なものなのです。

実際に産後なのに老いを感じない人というのは仕事や美容に対してもエネルギッシュな人ではありませんか?

子供が大きくなるまで自分のことは我慢、では間に合いません。

子供を大きくしつつ自分も磨くのが産後のエイジングケアに繋がるのです。