妊娠すると肌に色々な影響が出る?

調子が悪く、肌もどんより

妊娠してから肌の調子が悪くなったという人はいませんか?

実は妊娠をしたときに肌トラブルが起こるのは珍しくなく、ひどいものになると産後まで引きずるような肌トラブルに見舞われることもありえます。

妊娠中に起こりやすい肌トラブルとは一体どういうものなのでしょうか。

事前に知っておくことはもちろん、今現在そのトラブルで悩んでいる人も原因と対処法を知っておくことで、産後の美容度の向上に繋がります。

かゆみ・湿疹

妊娠すると肌が急にかゆくなってしまう人は少なくありません。

妊娠中は普段より汗をかきやすくなっているのでかゆみや湿疹ができやすくなってしまうだけでなく、肌自体は乾燥しがちなのでそのかゆみや湿疹の症状を加速させてしまうのです。

対処法としては常に綺麗な肌を保つようにし、スキンケアの時に使う化粧水や美容液は保湿効果の高いものを選ぶようにすることでかゆみ・湿疹を抑えることができます。

シミ

妊娠中はシミができやすい状態だということはご存知ですか?

これは妊娠したことで分泌量が大量になった女性ホルモンが色素を左右するメラニンを強く刺激してしまうことが原因です。

この妊娠中に増えるシミの対処法は美白効果の高い化粧水や美容液を使うことをオススメします。

黒ずみ

妊娠中は肌にシミができやすくなるだけでなく、黒ずみもできやすくなっています。

原因はシミと同じくメラニンが強く刺激されたためであり、妊娠を機にワキの下や性器の周りが黒ずんでしまう人は少なくありません。

また、乳首が黒ずんでしまう人もいます。

対処法はUVケアと保湿作用の高いボディケア用品を使って日々の美容を高めることです。

ニキビ・ニキビ跡

ホルモンバランスが乱れるとニキビができやすくなります。

理由は肌乾燥したりして、肌荒れがおこり、肌のターンオーバーが乱れてしまうためです。

そして、ニキビを放置しておくとニキビ跡にもなりやすいので、ニキビを作らないようにしなければいけません。

ニキビやニキビ跡におすすめな化粧水もありますので、使ってみるのも悪化させたり、ニキビ予防に効果があります。

こちらの「お手軽かんたん!化粧水でニキビケア」というサイトさんで、ニキビ跡やニキビの治し方、おすすめ化粧水を紹介してくれているので、参考になると思います。

もちろん、妊婦の方でも使える化粧水ですので、ご安心を

妊娠中の肌トラブルの予防法

かゆみやシミ、黒ずみといった妊娠中の肌トラブルは予防することが非常に難しいです。

なぜならどれも原因が妊娠したことによる女性ホルモンのバランスが乱れてしまっただけであるためです。

そのため、妊娠してもホルモンバランスが比較的安定している人ならかゆみやシミに悩まされることはありません。

つまり、妊娠中の肌トラブルは予防することは難しいけれど、そもそも体質によっては気にならない人が多い問題なのです。

そして女性ホルモンのバランスの乱れが原因ということは、産後にホルモンバランスが正常に戻れば自然と肌の状態も良くなっていくので黒ずみやシミ、かゆみもおさまっていくのです。

どうしても早めに改善したいという人は保湿と美白にこだわったスキンケアをしていきましょう。